顧客はどこにいるのか?~高級ホテルの所在地から考察するターゲティング論~

2013.01.16 | 考える。 | 覚えておきたい
スポンサードリンク

珍年あけましておめでたいWP-D読者の皆様、おはざーす。
早くもバレンタイン戦略に頭を悩ませるYellowです。

博愛主義の娘さんからのチョコをいただける日と思っておりますが、近年はデスクの引き出しにも下駄箱の中にも入れてもらえている様子がありません。

声を大にしてお伝えします。当方いただいた恩は100倍にして返す派です。

「締め切りを過ぎてるんだからさっさと投稿せーよ」というプレッシャーから、前口上もそこそこに本文へ参りましょう。


高級ホテルにお金を払って良いと考える顧客はどこにいるのか?

先日急遽お客様との打ち合わせが入り、大阪へびゅーんと出張してきました。
大阪での悩みどころは「何を食べるか」。何を食べてもうまいわけで、前日は仕事内容よりも「焼き肉かお好み焼きか」「なんならハシゴするという選択肢もあるぞ」と僕の中の井之頭五郎もざわついています。

結局激ウマたこ焼きを食べ過ぎて焼き肉どころではなくなってしまいましたので、今回の大阪食の陣は引き分けといったところ。次回は胃腸を鍛えた上で攻めたいと思います。

さて今回宿泊したのがいわゆる”高級”というホテル。日常に紛れ込んだ非日常を味わって参りました。

そうそうこのようなホテルに泊まる機会もありません。
用もないのにロビーからラウンジからウロウロし、ソファーに座ってはキョロキョロし、「ホテルアイ●スとは違うな」とニヤリとしてみます。
こんな落ち着きのない客もいないでしょうから、相当浮いていたでしょう。
まわりは身なりのこぎれいな紳士淑女ばかり。おそらく大手企業の役員の方やそのお連れの方と行った感じです。「こんな高級ホテルにも結構いるものだな」と感心しつつ思いました。「お仕事するならこのような客層を相手にするしたいよな」

そこでふと思いました。「このような高級ホテルに泊まれる客層(いいサービスにはお金を払える客層)はどこにいるのか?」

顧客に狙いを定めて、密着して攻める。それマーケティング

マーケティングの基本は狙いを絞って集中して攻める。

事業規模によってももちろん攻めるべきターゲットは異なりますが、私Yellowが攻めたい客層としては「いいサービスであればどかんとお金を払うよ」という客層。

その客層に狙いを絞って、

  • 人的リソースを投下して
  • 広告予算をつぎ込み
  • 時間を掛けて

攻略したいところ。

前述の「高級ホテルはそれにお金を払っていいと考える客層が集まるエリアに存在しているのでないか?」という仮説を元に

『そのような客層が利用するホテルはどこに存在しているのか?』という調査を行ってみます

検索の条件は

  • 東京全域
  • 平日
  • 1泊
  • 1名1室

で、5万円以上のホテルをリストアップします。

CrenaHtml2jpg

うわぁ・・・たっけー・・・。

平日なら沖縄2往復できるなwww

最初の数軒を見てパニックになりそうなところですが、ちょっと落ち着いて整理してみましょう

これが宿泊費が高いホテルTOP20

ホテル名 金額 所在地(区)
グランドプリンスホテル高輪 90,000円 港区
目黒雅叙園 72,200円 目黒区
ANAインターコンチネンタルホテル東京 68,000円 港区
東京プリンスホテル 61,100円 港区
第一ホテル東京シーフォート 57,750円 品川区
ホテルオークラ東京 56,826円 港区
ザ・プリンス さくらタワー東京 56,000円 港区
リーガロイヤルホテル東京 55,640円 新宿区
フォーシーズンズホテル丸の内 東京 54,338円 千代田区
10 パーク ハイアット 東京 54,000円 新宿区
11 シャングリ・ラ ホテル 東京 53,393円 千代田区
12 グランド ハイアット 東京 53,130円 港区
13 ザ・プリンス パークタワー東京 52,000円 港区
14 ウェスティンホテル東京 52,000円 目黒区
15 ザ・ペニンシュラ東京 51,975円 千代田区
16 ザ・リッツ・カールトン東京 51,019円 港区
17 マンダリン オリエンタル 東京 51,000円 中央区
18 ホテルニューオータニ エグゼクティブハウス 禅 50,820円 千代田区
19 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 50,820円 港区
20 ハイアット リージェンシー 東京 50,655円 新宿区

エリア別に整理します。

ホテル名 金額 所在地(区)
グランドプリンスホテル高輪 90,000円 港区
ANAインターコンチネンタルホテル東京 68,000円 港区
東京プリンスホテル 61,100円 港区
ホテルオークラ東京 56,826円 港区
ザ・プリンス さくらタワー東京 56,000円 港区
12 グランド ハイアット 東京 53,130円 港区
13 ザ・プリンス パークタワー東京 52,000円 港区
16 ザ・リッツ・カールトン東京 51,019円 港区
19 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 50,820円 港区
フォーシーズンズホテル丸の内 東京 54,338円 千代田区
11 シャングリ・ラ ホテル 東京 53,393円 千代田区
15 ザ・ペニンシュラ東京 51,975円 千代田区
18 ホテルニューオータニ エグゼクティブハウス 禅 50,820円 千代田区
リーガロイヤルホテル東京 55,640円 新宿区
10 パーク ハイアット 東京 54,000円 新宿区
20 ハイアット リージェンシー 東京 50,655円 新宿区
目黒雅叙園 72,200円 目黒区
14 ウェスティンホテル東京 52,000円 目黒区
第一ホテル東京シーフォート 57,750円 品川区
17 マンダリン オリエンタル 東京 51,000円 中央区

恐ろしい偏りwww

こりゃ明らかだわwww

結論:ねらい目の客層は「港区」「千代田区」「新宿区」にいる

これがわかれば

  • どのエリアに広告出稿を集中させるのか
  • どのエリアに営業活動にいく人員を割くのか
  • どこに我々の本社を配置するのか

おのずと明らかですね。

あとは顧客に速攻・密着・展開です。
それでは本日もいってまいります。

著者情報

WPD-Yellow
WPD-Yellow
東京のWeb制作会社 30代ディレクター。特技:昼ビール、まくしたて、気配消し、上野アメ横、早寝早起き、恋のから騒ぎ、花見、温泉卓球